3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
レフェリーサイドとアシスタントサイド
 

 

審判を担当したことを記録した記事に、「レフェリーサイド」という表現を使うのですが、あまり説明なく使っているので、少し説明を。

 

こればっかりは、言葉で説明するより、図で説明したほうがてっとり早いので、ネット上のオフィシャル系のホームページで著作権関係がややこしくない図を使わせてもらうべく、いろいろ探しましたが見つかりませんでした。(競技規則の対角線式審判法のところのPDFファイルがネット上で見つけられませんでした。)

 

仕方がないので、Excel で自作。(最終的にはJPEGにしてありますが。)

 

下の図の「赤い線」の部分が「レフェリーサイド」になります。
referee_side.jpg


 

基本的にアシスタントレフェリーがいないほうにボールが移動したら、主審が積極的にボールを監視しなければならないので、「レフェリーの(担当すべき)方」つまり「レフェリーサイド」となるわけです。

 

レフェリーサイド ←対→ アシスタントサイド

 

具体的な使用方法としては、試合前の打合せ時に、

 

主審:「アシスタントサイドにボールが出てアウトオブプレーになったら、原則として副審が判断して合図してくれて構わない(副審の合図に主審が合わせる)。ただし、レフェリーサイドは私(主審)が原則判断して合図するので、(アイコンタクトを取りながら)副審は合図をそれに合わせてください。」

 

というような試合前の打合せを行なうわけです。(上記はあくまで1つの例であって、必ずしも毎回このような内容とは限りません。)

  

このレフェリーサイドやアシスタントサイドという言葉は、(3級)レフェリースクールや3級以上の審判員が試合前に行なう打合せでは「(知っていて)当たり前」のように使用され、ネット上でも時々使われているのを見掛ける言葉なのですが、図できちんと説明しているページはないようなので、記事にしておきます。

 

わざわざ解説するほどの内容ではないのかもしれませんが、3級以上の審判員の方とペアを組んだ場合、打合せの時に出てくる言葉なので、4級の方もぜひ覚えておいてください。

 

 

もちろん杓子定規にレフェリーサイドとアシスタントサイドを分ける必要はなく、例えレフェリーサイドのタッチラインからボールが出たとしても、副審のほうが主審よりもボールに近い位置にいた場合は副審が判断すべき場合もあります。(あくまで、主審が副審に判断を求めるなら、という大前提があります。)

 

要するに、審判団はチームなので、チーム内で指し違いが起きなければ良いわけです。指し違いしないために、境界線の監視分担を確認しあう訳ですが、ライン名称はタッチラインあるいはゴールラインという名称しかないので、レフェリーサイド/アシスタントサイドという言葉を添えて場所を特定して打合せ時に使っているだけのお話です。

 

ちょっと語弊のある言い方になりますが・・・

審判団がチームで「正しい判定」ができることが理想です。しかし、「正しい」かどうかは2の次で、「チーム(審判団)内で意志が統一(同じ見解・判断)されていて、主審と副審の指し違いをしない」ことが第1なのです。

 


明日は、上図の「黄色い線」についてのお話です。

 
[アディダス]adidas J-LEAGUE OFFICIAL REFEREE ADP9021  【正規輸入品】
adidas(アディダス) (2013-02-25)
売り上げランキング: 4,409

☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/670-117384bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック