3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ヘディング時の競り合い … 2011 Referee Week in Review - Week 20 (米国サッカー協会)より
 

今日の記事は、米国サッカー協会の Referee Week in Review - Week 20 の紹介です。
 

http://www.ussoccer.com/News/Referee-Programs/2011/08/Referee-Week-in-Review-Week-20.aspx
  
上記リンクをクリックして表示されるビデオクリップをご確認ください。
 

☆追記 映像が直接埋め込めることが判明しましたので、上記アドレスの映像を記事に埋め込んでおきます。

 


 

1つめは、お互いに正常なヘディングでの競り合いであっても、選手が負傷する場合があり、主審は瞬時に負傷の状況を判断する必要がある、というお話。
 

即座に医学的な処置が必要であると判断した場合は、プレー(試合)を停止する必要がありますが、負傷の程度が軽いと判断した場合は、次のアウトオブプレーまでプレーを続けさせます。
 

念のためプレーを確認します。
 

攻撃側(オレンジ色のユニフォーム)の選手の後頭部に、守備側(紺色のユニフォーム)の選手の頭部が当たっています。しかし、両選手の落下点への進入の仕方や落ちてくるボールに対するジャンプのタイミングにファウル的な要素はなく、あくまで接触はアクシデントです。

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審

負傷者

(中略)
●競技者の負傷が軽いと判断した場合、ボールがアウトオブプレーになるまでプレーを続けさせる。
●競技者が重傷を負っていると判断した場合、プレーを停止する。
(後略)

 

主審は、「ヘディングでの競り合いに反則はなかったが、競り合いの接触で負傷者が発生した。しかし、負傷の程度は軽いと判断したので、ボールがタッチラインを割るまでプレーを続けさせた。」ということです。
 

「主審はすべての事象を目撃できる素晴らしいポジションにいた。」(米国サッカー協会)
 

(頭を当てたあと、紺色の4番の選手が左手で選手を突き放しているのが少し気になりますけどね~。それからセカンドボールのところで紺色の31番の選手が反則してますね(アフターでのチャージング or プッシング)。ただ、ボールはオレンジの15番の選手がキープし続けられているので、アドバンテージを採用しているのかもしれませんが。)
 
 
 
2つめのビデオクリップについて。
 

こちらはイエローカードが出されています。
 

腕は(ジャンプするための)ツールとして使うのは構わないけど、(相手選手を攻撃するための)武器として使っちゃダメです。
 

今回の場合は、肘を張って相手選手に当てていて「無頓着な礼儀作法( reckless manner )」といえるので、警告されました。
 

競技規則のどの部分に関係するかというと、「危険な方法でのプレー」になります。
 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

危険な方法でのプレー

危険な方法でプレーするとは、ボールをプレーしようとするとき、(自分を含む)競技者を負傷させることになるすべての行為である。この反則は、近くにいる相手競技者が負傷への恐怖心からプレーできないようにすることである。

(中略)

懲戒の罰則

●競技者が危険ではあるが、”通常の方法”で相手に挑んだ場合、主審は懲戒的措置を取るべきではない。その行為により明らかに負傷を引き起こす可能性がある場合、主審は競技者を警告する。

(後略)

 

こちらにも関係しています。
 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

不用意な、無謀な、過剰な力で

(中略)

”無謀な” とは、競技者が、相手競技者が危険にさらされていることをまったく無視して、または結果的に危険となるプレーを行なうことである。

(後略)

 

肘が当たっちゃったのなら、イエローカード。肘を当てにいったのなら、レッドカード。で良いと思います。


アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 2,958

  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/686-2b562044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック