FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合中、主審はボールを自身の管理下に置きましょう


 

今日の記事の内容も、先週末の二男のカップ戦の帯同で気になったお話です。(先週末の審判記録の記事に、少し書いているのですが・・・。)

 

ハーフタイム中、試合で使用しているボールをどこに置いていますか?

 

主審自身の手で持っている必要はありませんが、ハーフタイム中は主審自身の近くに置いておきましょう。

 

ハーフタイムに入るタイミングで、センタースポットにボールを置いてから本部のところに戻ってくる4級審判員の方を非常に多く見かけますが、センタースポットにボールを置いてきた場合、主審の管理下にあるとは言えません。

 

ハーフタイム中に次の試合で対戦するチームが、シュート練習などでフィールド内に立ち入ります。このとき、間違えて試合で使用しているボールを持ち去ってしまったらどうしますか?

 

ということで、ハーフタイム時には、かならずボールを持って本部に戻りましょう。

  

ちなみに、私も3級レフェリースクールで1番最初の主審担当時に「指導」されました。ハーフタイム時にボールをセンタースポットに置いている人を見て、そのまま真似していたんですよね。

 

多分、他の人がハーフタイム時にセンタースポットにボールを置いているのを見て、「ハーフタイム中は、ボールをセンタースポットに置いておけば良いんだ」と思われて、真似されているという方が多いのだと思うのですが、これは「間違い」です。

 

このブログを読んでくださっている方は、明日からの主審担当時に、ハーフタイムの際ボールをご自分で持ち歩いてください。

 

そして、忘れがちなのが、飲水(給水)タイム時です。

 

給水タイム中も、基本的にボールは主審の管理下に置かれていなければなりません。

 

先日の私の審判記録において、主審を担当した際、私がとった対応をさらっと書いてありました。その部分だけ、もう一度掲載しておきます。

 

(これより、過去記事の転載

 

前半の飲水タイムは、副審(A2)側のレフェリーサイドからのスローインだったので、A2を担当してくださっていた方を、再開ポイントに呼んで、ボールを持っておいてもらって、再開前にその場所まで走って戻ってきて、A2さんからボールを受け取って、A2さんが正しいポジションについたのを確認してから試合再開。

 

後半は、オフサイドのタイミングで、再開場所はペナルティーエリアの左の角だったので、場所を覚えて自分でボールを持ってベンチの監視のために移動し、再開時にまた再開場所まで走ってきて、再開場所にボールを置いて再開。

 

転載 ここまで。) 

 

この時の記事にも書いてありますが、3級昇格を目指す方は、主審担当時、常にボールを自分の管理下に置くということを、癖にしておいてください。

 

ちなみに、このボールの管理について、後日もう一度記事にします。(Referee Week in Review の week 17 を紹介する記事で、再び話題にする予定です。)

 

☆ 関連記事 ☆

「飲水(給水)タイムのとりかた(の例)」



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/704-8416dd7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック