3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
退場となる反則ほか… 2011 Referee Week in Review - Week 16 (米国サッカー協会)より
 
 
今日の記事は、米国サッカー協会の 2011 Referee Week in Review - Week 16 の内容の紹介です。
 

まずは、下記のリンクをクリックして表示されるビデオクリップをご確認ください。
 

http://www.ussoccer.com/News/Referee-Programs/2011/07/Referee-Week-in-Review-Week-16.aspx
 

☆追記 映像が直接埋め込めることが判明しましたので、上記アドレスの映像を記事に埋め込んでおきます。

 


 

今回も2つのビデオクリップについての解説がなされています。
 

1つめは「退場」に関する内容で、2つめは「ペナルティーキック時の攻撃側選手の違反」に関する内容です。
 

では、最初のビデオクリップから確認します。
 

米国サッカー協会の解説のところには、選手およびコーチは、試合のすべての場面で自分の行為に責任を持たなければならず、主審は一貫性のある試合を持続させるため、いつでも適切でない振る舞いに制裁する権限を有する、といったようなことが書いてあるようですが、このブログでは、なぜ退場処分になったのか、ということについて確認します。
 

最初に、えんじ色のユニフォームの12番の選手のファウルそのものに対してイエローカードが提示されていて、その後主審と何か話している最中に、2枚目のイエローカードが出されることなく、ダイレクトにレッドカードが提示されています。
 

ファウルで1枚、審判に対する異議で1枚、2枚めのイエローカードのあとのレッドカードというわけではなさそうです。
 

ということは、
 

競技規則 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の7項目の反則を犯した場合、退場を命じられる。

(中略)
●攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする
(後略)

 

に該当するような、いわゆる暴言を主審に発したのだと思われます。悪態をついた、という感じですかねぇ・・・。
 

さて、次のペナルティーキック時のお話ですが、これは過去に何度も記事にしているので、簡単に。
 

攻撃側チームの選手が、ボールがインプレーになる前にペナルティーエリアに侵入していて、ペナルティーキックの結果が、ゴールにボールが入っているため、主審は re-take つまり「やり直し」を命じています。
 

主審は、キッカー以外の選手のペナルティーエリア内への侵入を見極めやすいように、競技規則に記載されている標準的な立ち位置よりも、かなりペナルティーエリアの境界に近い位置で、キックを監視しています。
 

その前を、インプレー前に平然と攻撃側チームの選手が通過していきます。
 

「あんた、ペナルティーキックのルール知らないの?」と言いたくなるようなプレーですね。


アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 12,092


  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/712-070614b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック