FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
U-23 日本代表 vs U-23 エジプト代表の試合のイエロー&レッドカードの理由など
 

  

日本サッカー協会版の簡易版マッチレポートはこちら

http://www.jfa.or.jp/national_team/2012/london/final_m/match_page/m25.html

 

によると、この試合でイエローカード3枚とレッドカード1枚が出ている様子。(部分的にしかLIVEでTV観戦できなかったので・・・。)

 

取り急ぎ、カードが出されたシーンだけチェックして、カードの理由を考えたいと思います。

 

40分06秒付近。

 

日本代表10番(東 慶悟選手)がディフェンスの裏に出したパス(スルーパス)に反応した日本代表15番(齋藤 学選手)が、エジプト代表15番(Saadeldin SAAD 選手)に斜め後方からチャージされて倒されます。(ファウルチャージ)

 

ファウルで倒されていなければ、ほぼ間違いなく斎藤選手がボールをトラップしてゴールキーパーと1対1の状況になっていた筈なので、「得点、または得点の機会の阻止」をした、ということで一発レッドカードです。

 

なお、倒れた場所はペナルティーエリアの中でしたが、反則(ファウルチャージ)はペナルティーエリアの外側なので、直接フリーキックでの再開で間違いありません。

 

42分23秒付近。

 

エジプト代表11番(MOHAMED SALAH 選手)がドリブルで突破しようとしている際、副審2のJoe FLETCHER 氏のファウルサポートを受けて、主審の笛。

 

TVの映像をスローで再生してみると、日本代表2番(徳永 悠平選手)が恐らく右ひじのあたりで主審の死角となるようにMOHAMED SALAH 選手の顔のあたりを打っているように思われます。

 

副審2のJoe FLETCHER 氏は、主審の笛が鳴って、エジプト代表側のFKであるというシグナルを右手で実施しながら、左手は左胸に手をあてて(※)、主審にイエローカードで警告すべきファウルだというシグナルを送っています。(恐らくインカムでも話をしていると思いますが。)

 

※副審がファウルサポート時に、胸のワッペンなどを叩いたり触ったりした場合、事前の打合せによりますが、主審にカード対象のファウルであると伝えているケースが多いです。

 

徳永選手は主審の死角となる位置で手を使ったつもりなのでしょうけど、副審にバッチリ見られていました。 

 

日本代表側のDF陣は、13番(鈴木 大輔選手)および4番(酒井 宏樹選手)も対応できる状況にあったので、

 

ひじで相手選手の顔を打つと、「過剰な力」で相手競技者を打ったということでレッドカードが出やすいのですが、今回は「無謀に」打った、つまりラフプレーとして警告されるだけで済みました。(助かりましたねぇ・・・。)

 

77分00秒付近。

 

エジプト代表2番(Mahmoud ALAA ELDIN 選手)が、スライディングして日本代表7番(大津 祐樹選手)とボールの間に足を滑り込ませますが、その足にひっかかる形で大津選手が倒れます。

 

過去記事「ボールに先に触れても反則(退場)となるケース … 2011 Referee Week in Review - Week 21 (米国サッカー協会)より」にも書いているのですが、

 

『相手競技者の安全を顧みない方法でボールにアプローチして、その結果ボールに先に触れたものの相手競技者とも接触し、相手競技者が負傷した、あるいは大いに負傷する可能性が高かったと判断される場合に、警告や退場になる(警告や退場とすべき)ケースがある』

 

と同じようなケースです。

 

このケースも、副審2のJoe FLETCHER 氏は主審の笛と同じタイミングでファウルサポートしており、日本代表側のFKであるというシグナルをしながら、やはり「胸に手」を当てて、カード対象のファウルであると主審に合図を送っています。

 

「異議」での警告も考えられるのですが、副審2のJoe FLETCHER 氏は、Mahmoud ALAA ELDIN 選手が主審に「文句」を言う前に既に胸に手を当てているので、「ラフプレー」としての警告だと思われます。

 

83分頃。

 

日本代表の3点目のあと、TV画面上は得点シーンのリプレイ映像が流れている最中に、エジプト代表4番(OMAR GABER 選手)にイエローカードが出たようなのですが、そのシーンは全く映像がないので、理由はわかりません。

(T_T)

  
FIFA版のマッチレポートはこちら

http://www.fifa.com/mensolympic/matches/round=256021/match=300197694/report.html

  
サッカー日本代表チーム カードバインダー
エポック社 (2012-06-30)
売り上げランキング: 68,688



☆ 関連記事 ☆

「ボールに先に触れても反則(退場)となるケース … 2011 Referee Week in Review - Week 21 (米国サッカー協会)より」 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/766-0b6e7cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック