FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
カードを提示するまでプレーを再開させない(その2)

 
  

表題の件については、過去に一度記事にしているのですが、勘違いして記事を書いていて、間違っている文章を追記して修正した形にしているため、非常に読みづらい記事になっているので、記事を書き直しておこうと思います。(古い記事はそのまま消さずに残しておきますが。)

 

ロンドンオリンピックの U-23日本代表の初戦(対U-23スペイン代表)において、退場となったInigo MARTINEZ 選手のファウル直後、ファウルされた日本代表の11番(永井 謙佑選手)がクイックスタートし、10番(東 慶悟選手)がボールをゴールに流し込みます。

 

ファウルの笛(プレーを停止する笛)のあと、永井選手がクイックスタートした瞬間(東選手がボールを受け取る前)に、主審は「試合を停止する笛」をタンギングしながら吹いています。

 

このプレーを停止する笛とは別の「試合を一時的に停止する笛」が吹かれたため、スペイン代表のGKはボールに反応するのを止めました。(なので、東選手の蹴ったボールは簡単にゴールに吸い込まれました。)

 

クイックスタートをした永井選手およびボールをゴールに押し込んだ東選手は当然、「なぜクイックスタートを認めないのか!」というアピールをしますが、あのシーンでは(当然何かしらのカードが出ることは明白だったので、)カードの提示が終了し、「笛による合図」があるまでプレーは再開できません。

 

   

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

カードを提示するまでプレーを再開させない

主審が警告または退場でカードを提示することとした場合、その行為を実施し終えるまでプレーを再開させてはならない。


 

同時に、カードを提示した場合は、必ず「笛で再開」しなければならない、ということが第5条のガイドライン側に書かれています。 

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 主審のシグナル

笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。
(中略)
●次の理由でプレーが停止された後にプレーを再開するとき
-不正行為に対するイエローカードやレッドカードの提示
(後略)


 

カードを提示したあとは、笛が必要であると明確に書かれているのですが、カードを提示する前については、ファウルの笛(=プレーを停止する笛)と区別して吹き直せというような明確な記述はされていません。

 

私の場合、カードを出す際、あるいはカードは出さないがゲームマネジメント上、「注意」をしておきたいという場合は、ファウルの笛(=プレーを停止する笛)に続けてタンギングしながらもう一度笛を吹いて、「試合を一時的に中断」し、選手にクイックスタートさせないようにしています。

 

具体的に書くと

『ピーーーーー(ファウルの笛)。  ピ、ピ、ピ、ピ、ピーーーーー(試合を一時的に中断して「カード出すか、注意するよ~」の笛)。』

と吹きながら、カード対象者の所に駆け寄るようにしています。

   

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 主審のシグナル

笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。
(中略)
●次の理由でプレーを停止するとき
-フリーキックまたはペナルティーキック
-試合の一時的な中断、または中止
(後略)


 

と書かれているのですが、カードを提示する前にファウルの笛(=プレーを停止する笛)とは別にもう一度笛が必要とは書かれていません。

 

「カード提示前は、プレーを停止する笛と別に笛が必要」って書いてあれば良いのに・・・、と思います。

 

 

最後に「笛の使い方」の部分を省略せずに全文掲載し直しておきます。

  

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 主審のシグナル

笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。
●前、後半の、また得点後のキックオフのとき
●次の理由でプレーを停止するとき
 ―フリーキックまたはペナルティーキック
 ―試合の一時的な中断、または中止
 ―プレー時間がすべて終わった、前、後半の終了時
●次の場合にプレーを再開するとき
 ―規定の距離を下げたときのフリーキック
 ―ペナルティーキック
●次の理由でプレーが停止された後にプレーを再開するとき
 ―不正行為に対するイエローカードやレッドカードの提示
 ―負傷者の発生
 ―交代

次の場合、笛を吹く必要はない。
●次の理由でプレーを停止するとき
 ―ゴールキック、コーナーキックまたはスローイン
 ―得点
●次の場合にプレーを再開するとき
 ―フリーキック、ゴールキック、コーナーキック、スローイン

不必要な笛を多く吹きすぎると、本当に必要な場合に効果が薄れることになる。笛を吹くかどうかの判断は主審に任されているが、プレーの開始のために笛を吹く必要がある場合、主審は、笛のシグナルまではプレー再開とならないと競技者にはっきり伝える。

 
 

余談ですが、フリーキックをセレモニー形式で行う場合については、過去記事「フリーキック時の壁の操作 (その2)」にやり方の例をいろんな注意事項を盛り込んでかなり詳しく書いていますので、ぜひそちらもチェックください。

  

☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作 (その2)」

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 1,179


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/771-80b6c3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック