FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ゴールキーパーがペナルティーエリア内で相手選手を倒した場合
 

先々週の3種の公式戦での出来事。

 

二男の所属するチームのゴールキーパーがペナルティーエリア内でファウルを犯して相手選手を倒してしまった。

 

ボールはまだゴール前にあり、倒された選手の味方選手がボールをゴールに押し込んだ。が、その前に主審の笛が鳴ってしまった。

 

本部席の後方で次の試合(審判)の準備をしていた私は思わず、

「あぁ~。(もう少し笛を吹くのを待って)ゴールを認めて欲しかったなぁ・・・。」

とつぶやいてしまった。

 

というのは、主審がアドバンテージを採用して得点が認めらていたなら、ゴールキーパーは一発退場(レッドカード)にはならず、警告(イエローカード)で済んでいたからです。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または得点の機会の阻止

(中略)

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手で扱い、また相手競技者にファウルしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

(中略)


 

ゴールキーパーの選手は先週の試合でファインセーブを連発するなど、その活躍は目を見張るものがあり、レッドカードで一発退場になってその試合および次の試合に出場できないことになるのはチームにとって大きな痛手となることが予想されたからです。

  

もちろん、決定的なチャンスをファウルで阻止しようとしているので、退場を宣告されても文句は言えないのだけれど、笛のすぐ直後にボールがゴールに入っているので、もうワンテンポ笛を待ってくれていれば・・・、という感じでした。

 

自分が主審を務めている時に同じようなシーンに出くわしたら、慌てて笛を吹かず、明らかにボールがゴールに入らないことが確認できるまで「少し待つ」ということを実践したい、とその時に思いました。 (ピッチの外で気楽に見ていたので偉そうなことが言えますが、いざ自分が担当している試合で起きたら慌てるだろうなぁ・・・。そのためにも頭の中でしっかりシュミレーションして、「準備」しておかなくっちゃ。)

   

競技規則 第5条 主審

職権と任務

主審は、

(中略)
●反則されたチームがアドバンテージによって利益を受けそうなときは、プレーを続けさせる。しかし、予期したアドバンテージがそのときに実現しなかった場合は、そのもととなった反則を罰する。
(中略)


 

顧問の先生(3級審判員)は、主審に一切の文句(アドバンテージを適用しなかったことなどについて)を言うこともなく、控え選手としてベンチにいた選手を近くに呼び、退場となったゴールキーパーの代役を務めてもらうことと、その選手と交代させるフィールドプレーヤーを選ぶという作業を冷静にこなしていた。

 

二男たちのチームは部員数があまりいないため、前の週にファインセーブを連発した選手を正ゴールキーパーとして固定し、今日の試合では他の選手はすべてフィールドプレーヤーとして出場させるつもりだったようで、控えのゴールキーパーは配置していなかった様子。(だから少しバタバタになってしまった。) 

 

ゴールキーパーが退場になった場合については、過去記事 「ゴールキーパーが退場になると・・・」 でyoutube の映像を紹介しながら触れていますので、そちらもご確認ください。

 

(自分の担当する試合ではなかったものの、目の前で起きた事なので、改めて記事にしておきました。)

 

 

☆ 関連記事 ☆

「ゴールキーパーが退場になると・・・」

「PK戦のゴールキーパーのユニフォームについて」

「交代枠を使い切った状態でゴールキーパーが退場になると・・・」

「ユニフォーム規程(日本サッカー協会」 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
初めまして,先日より拝読させていただいております.

決定的機会の阻止とアドバンテージの適用,難しい問題ですね.

Jでもここ最近,C大阪vs鳥栖や柏vs鹿島で同じような状況が起きていて,いちサッカーファンの私も松崎前審判委員長さんのコラムを読んで難しさを感じています.

wait&see,これが本当に重要なんですね.
2012/07/10(火) 01:00:50 | URL | Kazu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
いつも楽しく拝見させていただいております。

様々な状況を想定してイメージトレーニングしていますが,実際に主審としてフィールドに立つと,それまでのイメトレはぶっ飛びます(笑)

さて,今回の記事でお聞きしたいことがありますので,よろしければアドバイスをいただきたく思います。

キーパーがファウルをしたが,アドバンテージを採用してゴールを認める場合ですが,主審は両手を広げて「アドバンテージ」と声に出してアドバンテージを採用し,そしてセンターサークルを指して「ゴールイン」と声を出したほうがいいのでしょうか?

そして,すぐにキーパーにイエローカードを出して,センターサークル付近に戻ってブッキングするといった流れで大丈夫ですか?

質問ばかりですみませんが,返答いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
2012/07/10(火) 10:37:42 | URL | PONZU #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
Kazu さん、PONZU さん、はじめまして&コメントどうもありがとうございます。
 
Kazu さん>松崎前審判委員長さんのコラム
 
???「前審判委員長?」ということで、本日付の記事を1本書くことができました。ありがとうございます。
 
ここしばらく松崎前委員長のコラムをチェックしていなかったのですが、Jリーグでも同じようなことが起きていたのですねぇ・・・。
 
youtube で映像を探してみたいと思います。情報ありがとうございました。
 
PONZU さん> ・・・アドバンテージを採用して・・・
 
ペナルティーエリア内でプレーオンを明確に採用するかどうかについては、非常に難しいものがあります。例えば「ど・フリー」で攻撃側選手がシュートをミスしたら、ロールバックでPKという訳にはいかなくなると思います。
 
ですので、明確な「プレーオン」のコールは避けて、「ワンテンポ」待つほうが無難なような気がします。(先の Kazu さん が触れられている、第45回「ジャッジQ&A」(講談社ゲキサカ)において、松崎前委員長も「笛のタイミング」で調整すべき、というようなニュアンスの文章を書かれています。)
 
ちなみに、ワンテンポ待つなどして、ボールがゴールに入った場合は、
「ゴールのコール」→「ゴールキーパーを警告」→(得点と警告のブッキング)でOKだと思います。
 
副審との事前の打合せでブッキングの順をどのように取り決めしてあったかにもよりますが、「警告」が発生しているので、センターサークル付近まで戻ってブッキングする必要はないと思います。(カード提示直後に全てのブッキングを一括して終えてしまえば良いのではないでしょうか?)
 
 
2012/07/10(火) 23:08:36 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/795-2f4ea094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック