FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)
 

  

2012年度の競技規則の改正で、直接ボールがゴールに入っても得点とならないケースに、ドロップボールが追加されました。

  

これで、過去記事 「ボールをゴールキーパーに渡す(返す)つもりが・・・」 で紹介したようなややこしい事態になる可能性が少なくなりそうです。

 

ややこしい事態とは、これ ↓ です。


YouTube: The really FairPlay


  

上記の映像は、ドロップボールから直接ゴールに入った映像ではないようなのですが、もしドロップボールからこのような事態になった場合は、ゴールが認められず、ゴールキックで再開になります。

 

競技規則 第8条 プレーの開始および再開 

違反と罰則

次の場合、ボールを再びドロップする。
●ボールがグラウンドに触れる前に競技者がボールに触れる。
●ボールがグラウンドに触れたのち、競技者が触れることなくフィールドの外に出る。

ボールがゴールに入った場合:
●ドロップしたボールがけられて直接相手競技者のゴールに入った場合、ゴールキックが与えられる。
●ドロップしたボールがけられて直接そのチームのゴールに入った場合、相手チームにコーナーキックが与えられる。 


  

以下、国際サッカー連盟の通達や日本サッカー協会の解説です。

 

理 由

両チームから競技者が参加しない形でドロップボールが行われた結果、得点が生まれてしまうケースが多くある。このようになった場合であっても、得点を与えなければならないという圧力が主審に浴びせられることになる。また、試合のバランスを取るためにキックオフ後相手の攻撃を止めることなく、得点させるというような見苦しい状況にもなることもある。 

 

<日本協会の解説>

 重傷の競技者対応のため、ボールがインプレー中に主審がプレーを止め、対応後ドロップボールで試合を再開することがある。その際、フェアプレー精神を考え、攻撃の意図なく一方のチームの競技者のみがドロップボールに参加してボールを相手に返したところ、誤ってそこから直接ボールがゴールに入ってしまうことがある。

 そのような場合でも、主審は競技規則上得点を与えざるを得なく、また得点したチームは不本意な得点を取り消そうと相手に得点を与えようとするケースが発生したこともあった。

 このような事態に至るのを防ぐため、ドロップボール後にキックしたボールが直接ゴールに入ったときのみに限り、得点は認めないとしたものである。パスやドリブルなどでドロップボール後に相手のゴールに向ってプレーが続き、そこからゴールした場合は得点が認められる。


 

 

ただ、ゴールに入る前にキッカーが一旦ボールをトラップやドリブルしていたり、ゴールキーパーがキャッチし損ねてボールがゴールに入ってしまった場合など、「厳密に言うと直接ではない」場合にどうなるか、という問題が出てきます。(更新講習時にインストラクターに確認してみたいと思います。)

 

とりあえず、「ドロップボールからの直接ゴールは認められなくなった。」ということは確定ですので、覚えておいてください。

 

ただし、

 

なお、これらの改正等は、国際的には7月1日から有効となりますが、日本協会、各地域/都道府県協会等が主催する試合については、例年どおり7月1日以降のしかるべき日(遅くとも8月中)から施行することとします。

 

となっているため、6月以前から開始しているリーグや大会などでは、大会期間中は新ルールが適用されない可能性もありますので、大会本部などにお問い合わせください。 

  

☆ 関連記事 ☆

「ボールをゴールキーパーに渡す(返す)つもりが・・・」

「直接ボールがゴールに入っても得点が認められないケース」 

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。






スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
>ゴールに入る前にキッカーが一旦ボールをトラップやドリブルしていたり、ゴールキーパーがキャッチし損ねてボールがゴールに入ってしまった場合など、「厳密に言うと直接ではない」場合にどうなるか、という問題が出てきます。

この問題ですが、先日私が所属する県協会の審判委員会(審判委員長が出席)の会議で一度でもGKのキャッチし損ないやキッカーがドリブルしてしまえばゴールを認めるとの見解でした。
要するに直接ではなく間接なのでという見解です。
私なら万が一ゴールに入りそうになったら直前で笛を吹いてさらにそこでドロップボールさせようかなと。
2012/07/05(木) 19:17:52 | URL | 12 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
12 さん、コメント(情報)ありがとうございます。
 
そうですか、やはり「間接」扱いということなのですね。
 
>私なら万が一ゴールに入りそうになったら直前で笛を吹いてさらにそこでドロップボールさせようかなと。

私も6月30日付の記事のコメント欄に同じようなことを書いたのですが、やはり運用面で回避することも考慮にいれたほうが良さそうですよね。
 
ま、相手GKにボールを返すつもりなら、確実に「枠」は外して、ってお願いしたいところですけれど。
 
 
2012/07/05(木) 21:33:45 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/801-2baa1191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック