FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2012/06/30) 主審 × 1.0 + 副審 × 1.0
  

 

本日は二男の帯同で、U-15カテゴリーの審判を担当。試合時間は25-5-25。

 

第一試合の主審の割り当てだったため、フィールドチェックもしっかり実施。(といっても人工芝グランドだったのだけれど。)

 

最初は主審。

 

試合中の出来事。

 

ミドルシュートをゴールポストの付近でセービングしたゴールキーパーが、人工芝で足を取られて滑り、ボールを保持したままその場(ゴールエリア内)に崩れた。

 

ちょっとヤバそうな崩れ方だったので、とりあえず笛を吹いてレフェリーズボール(ドロップボール)にして、ゴールキーパーの状態を確認しにいった。

 

いつもの通り、「大丈夫?痛みが激しいなら、アイシングするなどの時間をあげるよ。」と声を掛けたところ、「大丈夫です。」という返事。

 

内心、「かなりヤバそうな足の滑らせ方だったし、崩れ方も激痛を感じたような崩れ方だったのだけど・・・。」と思ったものの、顔から血の気が失せているような感じもなかったので、処置することなく試合を再開することにした。

 

さて、ドロップボールをどのようにしようか。

 

ドロップしてそのままゴールキーパーに取らせる? すぐにパントキックされてカウンター攻撃されようものなら、絶対に追いつけないので、それは避けた方がよさそう。(4種ならその方法も場合によっては「あり」かもしれませんが。)

 

ゴールキーパーの状態をチェックするという特典を受けたので、少しくらいは不利になっても文句はないでしょう、ということでプレースキック(ゴールキック)にしよう、と。

 

ゴールキックにするためには、相手チームの選手に協力をしてもらわなければなりません。

 

相手チームの選手を1人呼び、「悪いんだけど、ゴールキックになるように(私が)ドロップしたボールを蹴ってくれる?」とお願いしたところ、快く「いいですよ」という返事をもらうことができた。

 

で、話が少し逸れて、余談になりますが、このドロップボールに関して、2012年度に競技規則の改正が行われています。

 

後日記事にしますが、「ドロップされたボールがけられて直接ゴールに入っても得点にはならい」ということになりました。

 

ですので、万一、相手チームの選手が私のお願いを「裏切って」ボールをゴールに蹴り入れても、得点にはならないので、今日は安心してドロップボールをすることができました。(注、厳密には改正の適用開始は、7月1日以降なので、今日の試合では、ドロップボール直後のゴールは得点を認めなければなりませんでした。コメントくださった K.AKI さん、ありがとうございます。)

 

ちなみに、ドロップボールは必ずしも両チームから1名づつの選手を参加させなければならない訳ではありません。(詳しくは過去記事 「ドロップボールのやり方」 を参照ください。)

 

話を戻します。

 

私がドロップしたボールを、相手チームの選手がゴールラインの外に蹴り出してくれて、無事試合を再開することができたのですが、ちょっとしたミスをした可能性があります。(実際にはミスをしていなかった可能性もあるありますが、しっかり競技規則に則って実施した、という記憶がない以上、ミスをしたのと同じです。反省。)

 

私が何のことを気にしているのか予想できた人は、GOOD JOB! です。(正解していたらの話ですが。)

 

 

ここまでの文章を読んで、気になったことはありますか?

   

 

答えが見えないように、少しスクロールを入れておきます。

 

 

ヒントは、

 

ゴールキーパーの倒れた場所 & ドロップボール

 

です。

 

 

もうお解りですね。そう、ボールがゴールエリア内にあった時に笛を吹いているので、ボールをドロップする位置に注意をしなければならなかったのに、あまり意識せずにドロップしてしまった、ということです。

 

ゴールエリア内でドロップボールすることになったら、ドロップする位置は、「ボールがあった地点に最も近いゴールラインと平行なゴールエリアのライン上」になります。(過去記事 「ゴールエリア内でドロップボールすることになったら・・・。」 参照。)

 

 

再び話を戻します。

 

ゴールキックで再開となり、数プレーあったあとボールがタッチラインを割ったところで、ドロップボールに協力してくれたチームの選手が「そのまま続けて(スローインして)いいですか?」と聞いてきたので、先のゴールキーパーに目をやると、四つん這いになって固まっている。

 

「ほら、やっぱりダメなんじゃん。」と思いながら、笛で試合を停止して、ゴールキーパーの所に駆け寄る。

 

「大丈夫」と言って強がっていた選手が「やっぱ無理」と言っているということは、選手交代したほうが良いんだろうなぁ、と思って本部のほうを見ると、既に控えのゴールキーパーが本部に交代申請をしているのが見えた。

 

ゴールキーパーにゆっくりで良いからゴールラインの外に出るように促し、ゴールラインの外に出たことを確認して、控えのゴールキーパーの入場を許可。

 

4審の方が用具チェックをしていない(チェックする前に私が入場の許可を出してしまった?)ということで、控えのゴールキーパーの用具をフィールド上でチェックして、試合再開。(もちろん用具のチェックは、本来フィールドに入る前に済まされていなければなりません。)

 

あと、ベンチコントロールが少々。

 

午後に副審を1本。

 

主審は協会派遣で何度かペアを組ませていただいたことのあるYさん(3級)。反対側の副審はSさん(4級)で、4月に私が協会から派遣されて3種の試合の主審を担当したときに、副審を担当されていた方。

 

特に大きな問題はなかったと思う。

 

私のサイドでオフサイドのフラグアップは2本。最初の1本は戻りオフサイド。2本目は主審のYさんの確認が遅れたが、試合前の打合せ通り、「フラグアップ継続」を実施し、問題なし。

  

☆ 関連記事 ☆

「ドロップボールのやり方」

「ゴールエリア内でドロップボールすることになったら・・・。」

 

 ← 本日(2012年6月30日)現在、送料込で1,041円。かなり値段が下がってきました。ひざに不安を抱えている方はぜひお試しされてはいかがでしょう? ちなみに、私は半年近く愛用させてもらいましたが、おかげさまで最近はサポーターの力を借りなくて済んでいます。(常にバッグの中には入っていますが。)

 



 ← かなり値段が下がってきました。ひざに不安を抱えている方はぜひお試しされてはいかがでしょう? ちなみに、私は半年近く愛用させてもらいましたが、おかげさまで最近はサポーターの力を借りなくて済んでいます。(常にバッグの中には入っていますが。)



☆ 関連するタグ ☆


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
こんばんは。
ドロップボールについて、競技規則改正のチェックもさすがですね。
ただ、今日の試合で万が一ドロップボールからゴールインしてしまったら、得点を認めざるをえません。
競技規則の改正が適用されるのは、7月1日以降です。
それと、改正された文章では「ドロップボールから直接~」となっています。
この「直接」という言葉が曲者で、じゃあワントラップして返したボールがゴールインしたら?という疑問が出てくると思われます。
その点を確認した所、返そうとした一連のプレーは直接と考えて良いとの事でした。
きっと競技規則にはそこまで書かれないでしょうから、ガイドラインなり通達なりで解説して貰いたいですね。
2012/06/30(土) 23:05:12 | URL | K.AKI #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
K.AKI さん、コメントありがとうございます。
 
>競技規則の改正が適用されるのは、7月1日以降です。
 
すみません、チェックが甘かったです。ホームページにUPされているので、適用開始になったものと思い込んでいて、ヘッダー部分を読み飛ばしていました。
 
記事に追記入れておきます。感謝。
 
>返そうとした一連のプレーは直接と考えて良いとの事でした。
 
そうですか、参考になります!
 
で、ゴールキーパーに返されたボールが、キャッチしようとしたゴールキーパーの手に当たって(すり抜けて)ゴールに入ったら、どうなるのでしょうねぇ・・・。
 
2012/06/30(土) 23:40:16 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
お世話になります。
さすが3級審判さん
通達のチェックが早いですね。
そういえば
7/1以降の9月過ぎにドロップボールから直接、相手ゴールに入ったら相手のゴールキックで再開なんですかねぇ?
2012/06/30(土) 23:52:53 | URL | SLコーチ見習い #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
SLコーチ見習い さん、コメントありがとうございます。
 
>7/1以降の9月過ぎにドロップボールから直接、相手ゴールに入ったら相手のゴールキックで再開なんですかねぇ?

改正の通達を読む限りは、そうなりますね。(更新講習で詳しく説明が行われるものと思われます。)
 
2012/07/01(日) 00:17:35 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
昨日ある部会でもキーパーがファンブルして入っちゃったらどうするの?という話になったのですが、結論は出ないままになってしまいました。
競技規則の精神を考えれば、得点は認めないで良いと思うのですが、再開方法は?ですね。
キーパーが触れてゴールラインを出たのだから、コーナーキックで再開?
でもそれでは、ボールを返した事にならないし、イーブンなドロップボールよりピンチになっちゃうし。
要確認ですね。
2012/07/02(月) 12:21:19 | URL | K.AKI #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
ボールがゴールに入りそうになったら、(それを見越した)主審が笛を吹いて、新たに笛を吹いた位置からのドロップボールで再開。
 
というのが運用上「楽」なような気がしますが、競技規則に載せる文章にするのが難しそうですねぇ・・・。
 
2012/07/02(月) 23:14:57 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/804-248e88ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック