FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2012/06/24) 副審 × 1.0 + 主審 × 1.0 (その2)
  

 

昨日の記事のつづきです。

 

主審を担当したときのお話。

 

時々参加させてもらっている上級審判員の方との合同トレーニングで、1級審判員の方々からアドバイスを頂いたりしていることもあり、手の不正な使用にについては、他の審判員の基準にくらべて私のファウル基準は厳しいと思う。

 

言葉で基準を正確に表現することはできないが、特に相手選手の後方からアプローチした際に手や体を使って相手選手を抑えたり押したりして相手選手のバランスを崩してからボールを奪おうとするのは、正当なチャージングとはいえない。

 

もちろん単純に相手のコントロール下にあるボールを蹴り出そうと相手の後方からアプローチする場合や、自分の身体を相手選手とボールの間に割り込ませようとする場合において、自分の体のバランスを保つための手が相手選手に触れることはあるが、その場合の手と、初めから相手の選手を押そうとしている手の動きは全く違う。

 

試合が進んでいく中で、選手自身がファウルをとられて気がついたり、あるいはハーフタイム中にベンチ指導者から「この主審は手の不正な使用について厳しいから、手の使い方に気をつけろ」というような指示が出ているようで、通常、後半は前半に比べて手の不正な使用の反則をとるケースが少なくなる。

 

今回もいつもと同じ基準で試合を進行していたのだが、片方のチームのコーチ(恐らく顧問の先生ではなく外部から招へいしていると思われる方)が、選手たちに「後ろから手で触れたら全部ファウルなんだから」というような表現を用いたコーチングをし始めた。主審である私に対し、ファウル基準に対する皮肉を込めたのだろう。

 

内心「おぃおぃ、きちんと手の使い方を見極めて判断しているよ。」と思ったものの、あからさまな異議ではなかったので、放っておいた。

 

すると、何人かの選手達が相手選手の手が味方選手に触れる度に、「押してる」とか「手を使っている」とアピールするようになった。

 

コーチの主審に対する態度が選手に伝染してしまったような感じ。

 

そのまま放っておくと、いつか「異議」で選手にイエローカードを出さなければならなくなる事態になりそうだったので、アウトオブプレーのタイミングで、ちょっときつめに

「選手からのファウルアピールは要らない!」

と一蹴した。

 

その後選手からのファウルアピールはなくなったが、先のコーチが相手チームの選手やベンチを刺激するような指示の出し方を継続しているので、ハーフタイム時に「相手チームを(カリカリさせるような)刺激するような表現」は慎んでもらうように注意をした。

 

反対側のチームもそのコーチに呼応するような気配があったので、落ち着いて行動してもらうように注意を促した。

 

本来なら第四の審判員(4審)がいたので、ヒートアップする前に当事者である私ではなく4審がベンチコントロールしてくれたら良かったのだけれど、4審の方は4級でベンチコントロールに慣れていない様子だったし、試合前の打合せで私からもあまりベンチコントロールについて細かく依頼をしていなかったこともあって、ハーフタイム時に私自身で対応することにした。

 

後半は、私の基準でファウルとなる手の不正な使用はほとんどなくなって(まったく無くなった訳ではないが)、ファウルでプレーが停止する回数が前半に比べて極端に減った。

 

また、通常、試合の終盤で脚が動かなくなってきた頃、安易に手を使って相手選手を止めるというようなプレーが増えてくるのだけれど、そういう事もほとんど無かった。

  

ただ、自分で言うのもなんだけど、後半は選手達がほとんどファウルを犯すことがなくなって、主審である私がピッチの中で目立たなく(笛を吹く必要がなく)なり、保護者を中心とする観客の多くが選手のプレーだけを見守っている時間が増えたと自負している。(もちろん、ハーフタイム中に両チームのベンチで「傾向と対策」が練られたとは思います。)

 

両チームのベンチはそのことに気がついてくれたのだろうか。

 

私自身は試合の主役になるつもりはなく、あくまで黒子として、選手達のフェアでタフな素晴らしいプレーをたくさん引き出してあげられれば、と思ってレフェリングしているつもり。

 

ま、「それは主審(私)の自己満足だろ!」と言われてしまえばそれまでの話なんだけど・・・。 

 

☆ 関連するタグ ☆



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
お世話になります。
3級審判さん
先日、4審を始めて任命されました。
小さい市区大会公式戦の決勝Tでした。
打ち合わせで、主審よりベンチスタッフがヒートアップして長く立った場合、全員座るよう促す事を指示されました。
主審は、私の知る4級では優秀で、4種〜1種まで公正に同じジャッジをし経験豊かで、普段お手本としてる方です。
チーム役員の1人はテクニカル内なら選手に指示を出している間は、立っていてもOKと解釈していますが間違いでしょうか?
(競技規則上は、指示を試合中のずーと出していればずーと1人だけ立ち続けられると解釈しています。)
上記内容の通達がでていて、通達は規則より優先と思っています。
ご意見を聞かせてください。
2012/06/27(水) 07:46:06 | URL | SLコーチ見習い #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
私もTOM3さんと同様、子ども達の素晴らしいプレーを引き出したいと思って審判をしています。

私の周りが状況がよいのか
ベンチに対して指示をしたことはありません。

一度、キーパーが6秒以上ボールを保持したので
(心の中では8まで数えましたが、・・・)
間接フリーキックの笛を吹いたハーフタイムに
そのチームの監督さんが質問に来られて
笛の説明をしたことはあります。

選手、ベンチとのコミュニケーションも大切ですよね。
2012/06/27(水) 12:31:16 | URL | モアイ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
SLコーチ見習い さん、コメントありがとうございます。
 
2009年度の競技規則の改正で、テクニカルエリア内で立ちっぱなしでいることが可能になりました。
 
2008年度までは、戦術的指示を出した後は、ベンチに戻らなくてはなりませんでした。
 
2009年度に改正されたことをご存じないのかもしれませんね。
 
過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/2009_dbb4.html
で過去の文章と現在の文章の違いについて触れていますので、ご参考に。
 
2012/06/28(木) 00:26:35 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
モアイ さん、コメントありがとうございます。
 
そうですか、モアイさんのまわりは皆さん、マナーの良い方ばかりなのですねぇ~。素晴らしい。
 
私の場合、ジャッジに対するクレームをあからさまに言っているのを注意したこともありますし、ベンチの複数の指導者が同時に指示を出しているのも何回か注意したことがありますねぇ。
 
2012/06/28(木) 00:43:33 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ベンチに入っていると、つい声が出ちゃう事があるんですよね。
気をつけないとσ(^_^;

審判をしていて嫌だなぁと思うのが、自チームの選手達に「バカヤロー!」とか、「なに考えてんだ!」とか、暴言ともとれる発言をする指導者です。
何回か「ネガティブな発言は控えましょう」と注意した事があります。
大抵はそれ以降気をつけてくれるので、退席までさせた事はないですが。
2012/06/28(木) 08:11:02 | URL | K.AKI #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
お世話なります。
3級審判さん
質問への回答ありがとうございました。
もう1項目教えてください。
テクニカルエリア内で、立ち続ける事のできる人数は1人ですか?
それとも登録されたチーム役員であれば、上限なしですか?
( 全員何も、発言・指示をしないものとして。)
アドバイスお願いします。
2012/06/28(木) 11:24:31 | URL | SLコーチ見習い #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
K.AKI さん、コメントありがとうございます。
 
いますねぇ、言葉使いのよろしくない指導者の方が。
 
個人的には選手を強く叱る指導で選手が上達するとは思いませんが、選手に応じた指導があると思うので、私の場合審判へのあからさまな異議でない限り、基本的にスルーですね。
  
「・・・ファウルだから!・・・」って声が聞こえたので、「異議か?!」と思ったら、選手への指導の言葉が部分的に聞こえただけだった、というようなこともありますけど。 
 
2012/06/29(金) 00:00:48 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
SLコーチ見習い さん、2011/2012年度版の競技規則の184ページにある、2008年7月に発行され2010年7月に一部改正された通達
 
「テクニカルエリアの使用および負傷者発生時の対応について」
 
において、
 
1.テクニカルエリアの使用
④態度
・監督以外の者は、常にベンチや椅子に着席していなければならない(戦術的指示を与える場合を除く)。
 
と規定されています。
 
監督の代わりに選手に指示を出す時以外、他のチーム関係者は、着席していなければなりません。
 
もちろん、チームが得点し、喜びを表現するために瞬間的に立ち上がったり、選手と一緒に喜ぶ短時間の立席まで注意する必要はないと思いますが。
 
2012/06/29(金) 00:16:55 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
お世話なります。
3級審判さん
競技規則を確認しました。
原則1人ですね。
興奮したチームスタッフに屁理屈を言われると、指示をだしていない監督と指示を出しているコーチ 計2人との解釈もありますが…
ありがとうございます。
2012/06/29(金) 00:42:19 | URL | SLコーチ見習い #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
「テクニカルエリアに立つ」=「戦術的指示を出している最中」とみなされると思うので、2人同時に立っていることはできないと思います。
 
屁理屈を言ってくるようなら、「責任ある態度で行動」していない、という理由で退席していただきますよ、と【笑顔】で注意ですね。
 
(笑っている間にきちんとしろよ、という眼力を込めて。)
2012/06/29(金) 23:54:32 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/808-55721182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック