FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ゴールキーパーが手からボールを放すのを微妙な距離を保って妨げたら

  

昨日の記事で触れた、2012年6月18日に行われたなでしこJAPANの試合(対アメリカ代表)からもうひとつ競技規則に関係する内容を。

 

後半38分頃の出来事。

 

アメリカ代表GKのSOLO選手がペナルティーエリア内からパントキックをする際、なでしこJAPANの17番の永里優季選手が、微妙な距離(5~7m)を保ちながら、パントキックの邪魔をしたシーン。

   

以前の記事で、ゴールキーパーが手からボールを放すタイミングでボールを奪おうとしたら、非常に危険なのでイエローカードの対象になりますよ、というお話を書きました。(過去記事 「ゴールキーパーに対する反則」 参照。)

 

また、2008年3月に日本サッカー協会から出された 「ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて」 という通達も紹介しました。

 

昔(私が選手として活動していた頃)は、相手GKからフィードされたボールが相手チームのカウンター攻撃に繋がらないように、相手GKが手で捕球した瞬間、よくFW系の選手が1人、GKの前に立ちはだかってキックの邪魔をしていました。(5ステップルールの頃です。)

 

1人が邪魔をすることで、他の多くの味方選手が自陣に戻るための時間を作っていたわけです。

 

試合がGKのところで滞留しないよう、GKの5ステップルールが6秒制限に変更となって、このGKの前に立ちはだかる行為が反則となったようです。(推測ですが。)

 

私のように昔サッカー選手だったものの、しばらくサッカーから離れていて、お子さんの関係で審判や指導者の手伝いを始めたという方が、このあたりのルールが変っていることを知らずに、お子さんたちに「GKからのカウンター攻撃をさせないためにGKの前に立て」というような指導をしている可能性もあるかな、ということで改めて記事にしておきます。

 

今回の永里選手のプレーは、接触がなかったものの、前述の 「ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて」 の通達にある

「身体接触もなく、危険な方法でもないが、味方競技者にボールをフィードしようとしているGKのボールにプレーした場合、間接FKを相手チームに与える。(GKがボールを手から放すのを妨げる)」 

に該当する行為と判断されるものだった、ということです。

 

接触がなく、危険な方法というわけでもなかったので、「警告」にはならなかったようですが。(TVの映像は、間接FKで再開されたかどうかが、映っていないのでよく解らないのですが・・・。)

 

主審はパントキックに備えてGKや永里選手から遠く離れていたため、最終的に笛を吹いてプレーを停止しましたが、普段我々が担当するような場合であれば、

 

「〇〇番(GKから離れようとしない選手の番号)、ゴールキーパーから離れましょう!」

 

と大きな声で注意を与えて警告の対象となるような反則が行なわれることを防ぎ、それでも執拗にGKの前に立ちはだかってボールを放すことを妨害した場合は、「警告」+「間接FK」にすれば良いと思います。

 

反則が行なわれるのを待っていると、選手がけがをしてしまう可能性があるので、選手の安全を第一に考え、声掛けすることでけがを未然に防ぐことを優先しましょう。

 

とにかく、手でボールを保持しているGKに近づく相手選手の行動を、しっかり監視しましょう。(そのために主審は常にボールから目を離さないことが肝要です。)

 

☆ 関連記事 ☆

「ゴールキーパーに対する反則」

「ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて」

 

☆ おまけ ☆  

なでしこJAPANの試合(対アメリカ代表、2012年6月18日開催)について、それぞれの国のサッカー協会のマッチレポートなどの情報。

 

主催国(スウェーデン)サッカー協会版はこちら

米国サッカー協会版はこちら。 

日本サッカー協会版はこちら

 

最後に、この試合で唯一出されたイエローカード(前半24分)の理由はラフプレーです。後方からのスライディング(タックル)が「無謀に」行なわれた、という判断だと思います。

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 1,468



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/812-eb321151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック