FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
栗原選手の2枚目のイエローカード時の別角度からの映像
 

6月15日付の記事で、

「オフサイドかどうかが解って、栗原選手とALEX BROSQUE選手がどのように接触したのかがわかる映像を見てみたいですねぇ~。(じゃないと、なんとも言えません。)」 

と書いたところ、コメント欄に下記の映像の情報をいただきました。

 

このファイルの先頭から2分14秒付近の映像をご確認ください。


YouTube: Australia vs Japan 2012 World Cup Qualifying Highlights


  

以下、6月15日付の記事のコメント欄に書かせてもらった内容とほぼ同じなのですが、少し修正してUPしておきます。 (あくまで、上記の映像を見る限りの私の見解です。)

 

酒井選手が手をあげて「オフサイドをアピール」していますが、酒井選手自身がオフサイドトラップをかけそこなっているように見えます。(副審2の Abdul AL KATHIRI 氏は酒井選手の位置に合わせて立っているように見えますし、オフサイドフラッグを上げる気配は微塵も感じられません。)

 

となると、やはり栗原選手が自身の体をアレックス選手の体に当てることで、『相手競技者を抑えて、戦術的な目的で、ボールから遠ざける、またボールに向かうのを妨げた』とみなされても仕方がないのかもしれませんねぇ・・・。

 

動線が交錯したことによるアクシデント(=反則ではない)とみなしてもらいたいところではありますが・・・。 

 

☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時のオフサイドトラップの映像」

 
ゴルゴ13 OFFSIDE TRAP~日米 (My First Big)
さいとう たかを
小学館 (2014-06-06)
売り上げランキング: 941,518


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
こんにちは。
またまた、すっとこどっこいな書き込みになってしまうかもですが、宜しくお願いします。

上のyoutubeでは、栗原がボールの行方を見て振り返って走り出した時にALEX BROSQUE選手との速度差で後ろに残った足と交錯したように見えます。そして転倒する時には、相手を踏みつけないように両手を広げているだけのように見えます。
「身体を当てに行った」り「抱きかかえた」ようには見えないので、「不用意に(結果的に相手を倒している)」という意味でファウルにはなってもイエロー?と思ったのが感想です。


関係ないですが、昨夜、「なでしこvsアメリカ」の親善試合がテレビで放映されていましたが、数名のアメリカ選手がネックレスをしたまま試合に出ているのが画面から明らかでした。
ほんとうはNGですよね?
国際審判のワッペンしたレフェリーが吹いてる試合ではそういう細かいとこもしっかり厳密にやってもらいたいと思いました。どうでしょう?
2012/06/19(火) 08:38:28 | URL | トトビッチ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
URLの画像はツイッター上で流れていたものです(ここのアップローダーは1日程度で削除されます)
これを見る限り、副審がオフサイドラインに追いついていないようにも見えますね。
2012/06/19(火) 11:56:55 | URL | しゅう #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
>「身体を当てに行った」り「抱きかかえた」ようには見えないので、「不用意に(結果的に相手を倒している)」という意味でファウルにはなってもイエロー?
 
あとはこの映像では解りにくい「アレックス選手とボールとの位置関係」がどうだったのかによりますね。
 
アレックス選手がボールをプレーする可能性が高かったと判断されれば、警告されても仕方ないと思うのですが、このあたりは「主審がどう感じたか」によるので・・・。
 
「なでしこvsアメリカ」は、時間のあるときにゆっくり見ようと思っていたのですが・・・。とりあえず、ちょっと探してみましたら、すぐ見つかりました。
 
後半13分30秒付近で、モーガン選手がネックレスをシャツの中に仕舞い込む映像がしっかり映ってました。
 
副審のチェックミスですね。
 
ちなみに、国際ルール(FIFA)は、「装身具発見」→「装身具を外すように指示」→「外すことを拒否」でやっと「警告」です。
 
でも日本国内は、2008年の通達で「装身具発見」→「即、警告」という独自ルールです。
 
詳しくは、
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/08/post_f637.html
をご覧ください。
 
追伸。この
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/08/post_f637.html
記事、今読み返すと非常に解りにくいので、新たに書き直した記事をUPしたいと思います。(記事のネタ提供、ありがとうございました。)
 
2012/06/19(火) 22:38:45 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
しゅう さん、画像を拝見しました。
 
赤い線が、「副審がラインからずれているように」&「アレックス選手がオフサイドポジションにいるように」見えるよう、やや振られて引かれているような気がしないでもないのですが、微妙ですねぇ・・・。
 
Abdul AL KATHIRI 副審は、「if doubt no flag」(オフサイドか疑わしいときは旗を上げるな) 
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/01/if_doubt_no_fla.html
の心境だったのかもしれませんねぇ・・・。 
 
2012/06/19(火) 23:19:04 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/816-6b0b6684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック