FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
FUJI XEROX SUPER CUP 2012 の公式記録ほか(その2)
 


昨日の記事の続きです。

 

FUJI XEROX SUPER CUP 2012 で西村主審が提示した2枚目のイエローカードに関するお話です。

 

後半5分、FC東京の39番(谷澤選手)が、倒れたシーン。

 

スペースに出されたボールに反応した谷澤選手が柏レイソルの4番(酒井選手)よりも先にボールに触れた次の瞬間、谷澤選手の足が酒井選手に触れ、谷澤選手がペナルティーエリア内で倒れます。

 

西村主審が笛を吹いたので、「う~ん、PKにしてしまうのか~。酒井選手は谷澤選手をファウルで倒したのではなく、プレーの流れの中で接触しただけで、どちらかというとアクシデントに近く、酒井選手のファウルとするには厳しすぎるような気がするけどなぁ~。(谷澤選手はうまく足を当ててファウルをもらったなぁ~。)」と思いました。

 

でも、西村主審の手は、ペナルティーマークではなくセンターサークル方向(厳密には柏レイソルが攻めるFC東京のゴール)を指していましたので、「おぉっ」と唸るのと同時に、西村主審の位置から、酒井選手の足が谷澤選手に当たっているのが見えなかったのでは?とも思いました。

 

しかし、リプレイ映像を見て、西村主審の正しさというか凄さを知ることになりました。

 

谷澤選手は、自分の右足が酒井選手の足に当たる瞬間、プレーを継続するために踏ん張るのではなく、明らかに酒井選手の足に当てに行ってプレーを止めて倒れにいきます。

 

もし、プレーを続けるために踏ん張った状態でいる谷澤選手の右足(あるいは、酒井選手の足を避けるために体重移動した左足)のところに、スライディングしてきた酒井選手の足が届き、巻き込まれた状態になっていれば、おそらくPKになったと思われます。

  

でも、相手の身体(今回は足)に自分の身体(足)を当てに行って、(自ら)倒れに行った場合は、主審(審判)を欺いてファウルをもらおうとするプレー(シミュレーション)と判断されます。

 

理屈は判るのですが、実際に審判をしていると、これが結構難しい。

 

身体的な接触がなく、ファウルされたふりをした場合は、明らかにシミュレーションだという判定を下すことはできます。ただ、自分(主審)のポジショニングが悪いと、本当に接触がなかったのかどうかを見極めることが難しくなって、シミュレーションだという判定が下せなくなります。

 

そして、今回のプレーのように、身体的な接触があった場合は、周囲も本人も「身体を当てられてるじゃん!」という被害者的なアピールをしてくるので、非常に厄介です。

 

私の場合、気持ち的には、「プレーを継続しようとする意図が見えなかったから、笛を吹くならむしろシミュレーションだ!」とは思うものの、身体的な接触があった以上、なかなか「100%シミュレーション」という確信が得られず、結果、「ノー(ファウル)」(ファウルはない)としか叫べないのが実情です。

 

ちなみに、4種(小学生)カテゴリーでは、シミュレーションかな?と疑うようなシーンはあまり見かけません。

 

3種のU-15カテゴリーくらいになってくると、「その倒れ方はファウルを貰おうとする倒れ方じゃないか?」、と疑いたくなるプレーを時々見かけます。

 

他にボールの近くでグランドの突起などに蹴躓いて派手に転ぶ選手なんかもいたりして、内心「ややこしい動きをしてくれるなよ~っ!」というケースもあります。もちろん、原則無言でスルーしますけれど・・・。(明らかに一人で転んでいる場合は、「大丈夫?」と声をかけることもありますが。)

 

昨日の記事で紹介した講談社の「ゲキサカ」にUPされている、松崎審判委員長の寄稿文やその他の情報から判断して、今シーズンのJリーグではこのシミュレーションに厳しく対応していく様子。

 

なので、そのあたりも注目したいとは思うものの、公式記録上は「C1:反スポーツ的行為」となってしまうから、公式記録から効率的にピックアップするのは不可能だなぁ・・・。

 
  

ちなみに、シミュレーションの反則をとった場合、再開方法は違反の行なわれた場所から相手チームによる間接フリーキックとなります。

 

西村主審が左手をあげてプレーを再開していますので、その辺もチェックしておいてくださいませ。
 


この試合の公式記録はこちら

http://www.j-league.or.jp/SS/jpn/other/201250300101101_W0201_J.html

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/900-27960ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック