FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)
 

 

昨日の記事のつづきです。

 

2005年にFIFAから出された、

「副審はオフサイドポジションにいた競技者がボールに触れてオフサイドの反則が確定するまでフラグアップを保留(Wait & See)しなければならないが、ボールに触れることが確定する前にフラグアップしたほうが良いケースが2つ存在するから注意してね。」

っていう内容の通達の2項目のお話です。 

   

(通達の正式な文章については、過去記事 「「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」 で紹介していますので、そちらをご確認ください。)

 

新たな指示(通達)の2つめの項目

②「相手競技者への干渉」の解釈

 オフサイドポジションの競技者がプレーするためにボールを追うことで、相手競技者との身体的な接触の可能性があると判断される場合は、オフサイドとして罰せられる(副審の旗~主審の決定)。


 

では、「身体的な接触の可能性」ってどういうことかというと、代表的なものは下図のようなケースです。 

offside_501.jpg

上の図のような場合、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れてオフサイドが確定するのを待っていると、飛び出してきているGKとの接触が懸念されます。

 

オフサイドでなければ、先にボールに触れた方に優先権が生まれ、ファウルによってボールを失うようなことがないかどうかを監視します。(ちなみに、そのような場合でGKがファウルを犯した場合は、決定的な得点の機会の阻止となり、一発レッドで退場です。) 

 

もし、オフサイドポジションにいた選手がGKと接触して、GKを負傷させてしまったら取り返しがつかないことになってしまいます。

 

飛び出してきているGKと相手FW選手の両者がスピードに乗っている状態で交錯すると、非常に危険なので、オフサイドの反則になる可能性が非常に高いと判断される場合は、ボールに触れるまで待たなくていいですよ、というか早めにフラグアップしてGKと接触させないようにしましょう、ということです。

 

つまり、このような「危険な接触」が起こりそうな場合は、少し早めに「相手競技者への干渉」を判断しましょう、ということになっています。

 

なお、オンサイドの2列目の選手もボールを追っていた場合は、判断を慎重に行わなければなりません。ただ、オンサイドポジションにいた選手がボールに触れるのを待っていて、オフサイドポジションにいた選手がGKと接触することになってもいけません。

 

くどいようですが、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れず、GKと接触した時点で、「相手競技者に干渉」したことになりオフサイドが確定するので、接触の可能性をしっかり見極めて旗をあげることが必要です。

 

と、難しいことを書きましたが、我々3級以下の審判員の場合、「選手の安全」を最優先に考え、副審は、

「オフサイドポジションにいた選手がスルーパスに反応して相手ゴール前に向かった」
 +
「GKがボールに反応して、飛び出した」

という2つの条件が揃ったら、フラグアップから主審の笛までのタイムラグを考えて少し早めに旗をあげて主審に知らせましょう。

 

主審は、副審のフラグアップを確認したら、「強く・長い笛」を吹いて選手同士が交錯・衝突しないように配慮しましょう。

 

2列目からのプレーを見極める < 選手を安全にプレーさせる

だと思います。

 

 

この 「「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」 には、オフサイドの再開場所についても記述があります。

 

来週の更新では、そのオフサイドの再開場所について、記事を書く予定です。   

  
☆ 関連記事 ☆

「「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」

アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 3,347

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/953-c427ec4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック