FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判時に身につけていてはいけないもの
 

 

これまで、8回に分けて主審時に必要なものを書いてきましたが、ネタがなくなったので、今度は逆の「身につけていてはいけないもの」についての記事をUPします。

 

  

まず、「装身具類」。これは、競技規則で審判員も身につけてはならないとはっきり明記されています。

 

競技規則で確認します。

 

競技規則 第4条 競技者の用具

安全

競技者は、自分自身または他の競技者に危険な用具を用いる、あるいはその他のものを身につけてはならない(あらゆる装身具を含む)。
 

 

ガイドライン側で、審判員も時計以外は身につけてはならないという記述があります。

 

競技規則 ガイドライン 第4条 競技者の用具

装身具

すべての装身具(ネックレス、指輪、ブレスレット、イヤリング、皮革でできたバンド、ゴムでできたバンドなど)は厳しく禁止されており、外さなければならない。装身具をテープで覆うことは、認められない。

審判員も装身具を身につけることはできない(時計や試合時間を計測する同様の機器は除く)。


  

よく問題になるのは、結婚指輪です。結婚指輪が外せなくなっている方は、選手はもちろん審判員も残念ながらフィールド内に立ち入ることができません(もちろん、副審、第四審判も)。上記の通り、テーピングで覆ってもダメです。

 

4級審判員の方の場合は、あまりお咎めを受けることはないと思いますが、帯同審判などで都道府県大会の副審を務めるような場合には、注意が必要です。 

 

選手から、「選手は競技規則に則っているのに、審判は競技規則に則らなくていいのかよ~。」とクレームがつき、試合前から選手との信頼関係が崩れる恐れがあります。選手からつまらない突っ込みや指摘を受けないようにするのも、審判のゲームマネジメントの1つです。

 

次に「めがね」。これも基本的にはNGです。

 

但し、スポーツめがねについては、選手同様着用が認められるようですが、雨天での試合においては、極端に視界が悪くなるため、お薦めできません。

  

競技規則を確認します。

 

競技規則 ガイドライン 第4条 競技者の用具

その他の用具

競技者は、身体を保護するだけのもので、かつ、自らを、また他の競技者を傷つけないものであれば、基本的な用具以外の用具を用いることができる。

(中略)

最新の技術によりスポーツめがねが着用者のみならず他の競技者に対しても格段に安全になったことを考えると、主審はこのめがねの使用、特に若い競技者が使用することに対して寛容になるべきである。

(後略)


 

審判員のめがね着用の可否については、競技規則で記述はありませんが、サッカーの場合、主審も副審も競技者との交錯・接触が絶対にないとは言い切れませんので、交錯時に選手を傷つける恐れのあるめがねの着用は避けたほうが良いでしょう。

 

時々、3級のワッペンを着けた方でも、「普通のめがね」を着用して主審を担当している方を見かけますが・・・。

  

晴天時ならスポーツめがねも「あり」かもしれませんが、スポーツめがねはレンズフレーム部分が厚いため、視野が狭くなりオフサイドフラッグの見落としなどの可能性が増します。更に雨天時にはレンズに水滴がついて、見えにくくなります。選手から「その状態できちんとファウルが見えるの!?」な~んて思われて、不信感にも繋がりかねません。(インストラクターがいれば、指摘される可能性もあると思います。)

 

実は、私も普段はめがねの愛用者です。高校生の時はハードコンタクトレンズを使っていましたが、高3の時に、ひどいアレルギー性結膜炎(おそらく今なら花粉症と診断されたと思いますが、当時は花粉症という言葉はなかったので)にかかり、コンタクトレンズがはめられなくなってからは、ずーっとめがねです。

 

3級昇格を目指す過程で、インストラクターからめがねの着用はNG、と指摘されて、どうしようかと悩みましたが、審判時のみ使い捨てコンタクトレンズを着用する方法を選択しました。

 

今のところ、コンタクトレンズは審判をする日以外着用していませんので、アレルギー症状は出ていません。もちろん定期的に眼科医のチェックも受けてます。

 

ただ、心配なのは、左目の乱視の度合いが、現在の1day タイプの使い捨てコンタクトレンズで矯正できるぎりぎりのラインのため、これ以上乱視がひどくなると、2week タイプのものでしか矯正できなくなって、1回あたりのコストが跳ね上がってしまうことです。

 

(現在は、1day タイプのレンズなので、両目合わせて1回200円程度の出費ですが、左目が2week タイプになると、1回あたり600円以上の出費になります。(涙))

 

話が逸れましたが、4級審判員の方がめがねを着用して審判を担当することは、「ダメ」ではないですが、できれば避けた方が良いでしょう。

 

(3級以上の審判員資格を目指す方で、普段めがねをお使いの方は、ご自分の目が使い捨てコンタクトレンズを装着できる状態かどうか、事前に眼科医で検査をされておくことをお薦めします。)

  

さて、ついでに、試合中に競技者が装身具をつけていることに気がついた場合の主審のとるべき対応について、確認しようと思いましたが、長くなりそうなので、別の記事にしたいと思います。

 

最後は、冬場によく見かける「手」。

 

選手は、「身体を保護するだけのもので、かつ、自らを、また他の競技者を傷つけないもの」という条文から着用は認められます。  

 

私はもともと、得点などの記入がし辛いので手袋をしない派ですが、インストラクターが他の方に、「NG」と言っていたのを聞いた記憶があります。

 

条文などでしっかり身につけてはいけないと規定されている訳ではありませんが、カード類の取り出しや、得点・選手交代・警告・退場の記録をする際、すみやかかつ正確に記入する妨げとなるという理由でインストラクター的には「NG」なんだと思います。

 

(2010.11.26 追記。「ネックウォーマー」もNGです。というのは、選手のネックウォーマー着用が装身具同様NGなので、主審も準じることになります。詳しくは、こちら。)

 

☆ 関連記事 ☆

「ネックウォーマーは着用できない」

「◆ 主審の持ち物に関するこのブログ内の記事を集めた記事」

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/96-e719ce9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック