FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
主審時の持ち物 パート8 (アシスタントレフェリーフラッグ)
 

 

本日は、アシスタントレフェリーフラッグ(以下、アシスタントフラッグ、と表記)について、記事をUPします。 

 

『アシスタントフラッグについては、主審が用意し、「よろしくお願いします。」と言って副審を担当する方に渡す、というのが原則です。』と、3級スクールでは指導を受けました。(ま、要するに購入して持っておきなさい、という意味でもありました。)



 

実際に、協会から派遣されて審判を担当する際には、「アシスタントフラッグは審判団で用意すること。」と明記されていることもあります。

 

アシスタントフラッグも、各ブランド(メーカー)が販売しています。持ち手部分の材質や握ったときの感触、あるいは布の材質などに若干の違いがあります。

 

購入時にチェックするポイントとしては、フラグアップしたときに、きちんと「音」が出て、振っていないときに余計な「音」が出ないものが良いと思います。布部分の材質により、少しの風で「カサカサ」という音が出るものがあり、このタイプのものは風の強い日には使用しづらいです。(主審を困惑させることになると思います。)

adidas(アディダス) レフェリーフラッグ JH399
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 10,048


 

上の adidas のアシスタントフラッグは、持ち手が分解できないタイプのものだと思いますが、確か adidas からは、持ち手が分解できて、コンパクトに収納できるタイプも販売されていたと思います。

マイター(mitre) マイター ラインズマン フラッグ
マイター(mitre) マイター ラインズマン フラッグ

価格:(税込)

発売日:
 

mitre は、マイター と読むんですね。「ミットレ」かと思っていました。(人の前で「ミットレ」と発声したことはないよなぁ~?) Amazon のおかげで勉強になりました。 「tre」のスペルで「ター」と発音するということは、英国系のメーカーかな、と思ったら、やはりそうでした。

 

メーカーのオフィシャルHP http://www.mitre.jp/html/history/index.html を見てみると、世界最古のサッカーボールメーカーだそうで、大変失礼しました、という感じです。

 

ちなみに、adidas、puma はドイツのメーカーですね。ミカサ、モルテンはいづれも日本(広島)の企業。私の中では、ミカサはバレーボール(のボール)、モルテンはバスケットボール(のボール)というイメージが強いですが・・・。

molten(モルテン) アシスタントレフェリーフラッグ 2本セット FLN
molten(モルテン) (2011-11-21)
売り上げランキング: 21,628


 

ちなみに、Jリーグなどでは、アシスタントフラッグにシグナルビープ用のボタンが着いたものを使っているらしいです(伝聞推量)。 



(過去記事 「日本国内の電波法をクリアした無線式アシスタントレフェリーフラッグ」 参照。)
 

このシグナルビープについては、競技規則に少しだけ記述があるので、先にその部分を紹介します。

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審

シグナルビープ 

シグナルビープ・システムは主審の注意を引くために必要であるときのみに使用される追加的なシグナルであることを、主審、副審共に留意する。

シグナルビープが有用な状況は、次のときである。

●オフサイド
●(主審の視野外での)ファウル
●(判断が難しいときの)スローイン、コーナーキックまたはゴールキック
●(判断が難しいときの)得点 


  

と書かれています。これ、3級の試験(厳密には、3級スクールに入校するための試験)の勉強をしたときに、正直「なんのこっちゃ?」状態でした。恐らく私同様「?」状態の方もいると思うので、私が知っている範囲で解説します。

 

アシスタントフラッグの持ち手の親指で持つ付近に、「ボタン」がついていて、このボタンを押すと、主審が上腕(通常はシャツで隠れる部分)にベルトで止めて装着している装置が反応して、beep 音(信号音)が鳴る仕組みらしいです。

 

なんかの時(審判のトレーニングの時だったかな?)に、シグナルビープ用スイッチのついたアシスタントフラッグを見せてもらった記憶がありますが、その時、主審がつける受信機側はなかったため、見せてもらうことはできませんでした。

 

ガイドラインで、「オフサイドの時に有用」だと書かれていますが、毎回オフサイドの時にフラグアップと同時に押しているのか、主審の視野に入っていない場合だけボタンを押しているのかは判りません。 

 

ということで、現段階では、かなり上級の審判員だけが使うシステムと言えます。

 

☆ 関連記事 ☆

「『シグナルビープ・システム』とは」 

「◆ 主審の持ち物に関するこのブログ内の記事を集めた記事」 

「審判の持ち物関係の Amazon のHTMLリンクを集めた記事」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/97-658138ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック