FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
オフサイドポジションとは(その2)
 

  

昨日の記事で、競技規則のオフサイドポジションの定義を確認し、もっと解りやすく簡単に表現するとどうなるか、ということを書きました。

 

その際、

『 「相手陣地内で、ボールより相手ゴールラインに近い位置にいると、待ち伏せ行為で反則となる。ただし、相手チームのゴールラインから数えて2人以上の相手チームの選手が存在している場合は、待ち伏せとは言えないので反則にはならない。」

あくまで「相手陣地内で待ち伏せ」する行為を反則とするものなので、攻撃側チームの選手が自分の陣地内にいた場合は、反則にはなりません。また、既にボールが相手チームのゴールラインから数えて2人めの選手よりもゴールライン側にある場合は、ボールよりもゴールライン側に位置取りしない限り、反則にはなりません。 』

ということを書いたのですが、審判初心者の方が勘違いしそうなケースを少し図で解説しておきます。

 

まずは、ゴールキーパー以外の守備側競技者が全員相手陣地内に入ってしまっている場合(四種の8人制のサッカーではよくこのような状態になっています)。
offside_position_002.jpg
  ↑ 上図は、相手陣地内で待ち伏せしているのでアウト(味方競技者からパスを受け取るとオフサイドの反則)となります。ただし、この位置にいたからといって、すぐに反則になる訳ではありません。(過去記事 「「オフサイドポジションにいること自体は、反則ではない」 参照。)

 

でも、↓ 下図ならセーフ。
offside_position_001.jpg
なぜなら、攻撃側競技者は、自陣内にいるため。「待ち伏せ」になるのは相手陣地内にいるときだけ。 

 

くれぐれもパスが出た時に、最初の図のような位置にいた場合ですので、ご注意ください。(パスを受けとった(もらった)場所ではありません。)

 

8人制サッカーの1人制審判の場合、主審はひとりでこれらの違いをしっかり見極めなければなりません。(予備審判にサポートしてもらうのも1つの方法ではありますが・・・。)

 

 

次に、既にボールが相手チームのゴールラインから数えて2人めの選手よりもゴールライン側にある場合(の代表的な例)
offside_position_003.jpg 
ボールをドリブルしていない攻撃側競技者(A)は、相手チームのゴールラインから数えて2人めの選手よりもゴールライン側にいますが、ボールよりもゴールラインから遠い位置にいるので、当然「待ち伏せ」にはなりません。

 

しかし、ボールを追い越してしまったら、アウト。(下図)
offside_position_004.jpg
ボールをドリブルしていない攻撃側競技者(B)は、ボールよりも相手チームのゴールライン側にいて、自分よりもゴールライン側には相手競技者が1人しかおらず、待ち伏せしていることになるのでアウト(味方競技者からパスを受け取るとオフサイドの反則)となります。

 

当然、下図の場合もアウト。 
offside_position_005.jpg
ボールよりも前方にいて、自分よりゴールライン側には相手競技者が1人もいませんので、「待ち伏せ」になります。

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。 

 

以下は、おまけのお話。

  

オフサイドラインは、「ゴールラインから数えて2人めの守備側競技者の位置」です。

 

ゴールキーパーがゴールラインにもっとも近い位置にいることが多いので、結果としてディフェンスの最終ラインの位置がオフサイドラインになっていることが多いのですが、「ディフェンスの最終ライン」という覚え方はしないほうが良いです。

 

というのは、ゴールキーパーが手でボールをキャッチし、ペナルティーエリアの境界付近まで移動してパントキックやスローなどで味方競技者につなごうとしたボールを、攻撃側競技者がインターセプトした瞬間、下の図のような状態になっている場合があります。 
offside_position_006.jpg
オフサイドラインを、「ディフェンスの最終ライン」と覚えていると、このようなケースでオフサイドポジションにいる攻撃側競技者(B)を、誤って「オンサイド」と判断してしまいかねません。

 

オフサイドラインは、「ゴールラインから数えて2人めの守備側競技者の位置」で覚えるようにしましょう。 

 

明日の更新では、オフサイドポジションにいないことになる定義の「後ろの2行」を図で解説します。


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/979-5d9ef971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック