FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2012/10/27) 主審 × 1.0
 

  

本日は、二男の帯同でU-14カテゴリーの主審を担当。副審はチーム内で確保できなかったため、協会に派遣を要請。派遣審判員としてMさんとKさんが来てくださった。(いづれも3級)

 

試合開始60分前からしっかり打ち合わせを実施。

 

試合は、1次リーグの最終戦で、片方のチームは既に2次リーグ進出を決めており、もう一方のチームは、引き分け以上の成績でなければ2次リーグに進めない、という状況。

 

試合の状況によっては、遅延行為も考慮しなければならないかな、と考えていたが、既に2次リーグ進出を決めているチームが比較的早い段階で得点したので、結局遅延行為となるような行為などはなかった。

 

オフサイドは前半・後半それぞれ1回づつで、いづれもA2側だった。

 

前半のオフサイドは、「多分オフサイド」と思った瞬間、副審がフラグアップしてくれたので、笛を吹こうと思ったが、ゴールキーパーが手でボールを捕球したのが見えたので、事前の打ち合わせ通り、副審にフラグを下げてもらう合図を送って、プレーを流した。

 

後半は、負けているほうのチームがカウンターのチャンスになるところで、私のポジションがちょうど副審(A2)を背負った状態になっていた。カウンターのチャンスだけれど、オフサイドっぽいなぁ、と思ってボールを追いながら副審のほうに顔(目)を向けて確認したら、やはりフラグアップが行われていた。う~ん残念だねぇ。

 

ファウルのフリーキックは5~6回だったかな?セレモニー形式のものはなし。

 

プレーオンは3回ほど。1回目は、ファウル(ホールディング)された選手がそのままボールを味方選手にスルーパスを出すことができたので、そのままプレーオンをコールしてプレーを続けさせた。

 

その選手の手の使い方が気になっていたので、次のアウトオブプレーのタイミングで、ファウルした選手に、「先のプレーオンは君のホールディングをとってるからね~(ちゃんと見ているから手を使わないように)」と声かけをしておいた。

 

「繰り返し」でイエローを出さなければいけなくなる可能性を考えて、ファウルが行われた場所をしっかり記憶しておくために、あえての声かけ。(その選手はもう一度ホールディングの反則を犯したが、3回目はなかったので、結局カードはなし。)

 

プレーオンはあと2回かけているのだが、「とりあえず(プレーオンを)かけておこうか」というレベル。

 

というのも、その前に2回ほど「あ~、ちゃんとプレーオンをかけておけばロールバックできたのに・・・」ということがあったので。

 

自分では、プレーオンをかけそこないなど、細かいミスは他にもいくつかあったのだけれど、試合終了後に本部席にいらっしゃった、ある先生から「ナイスゲームコントロール!」と声をかけてもらえたことが非常に嬉しかった。

 

次も一生懸命頑張るぞ。

 

☆ 関連するタグ ☆



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
おはようございます。
プレーオンのタイミングって難しいですよね。
ちょっと遅れれば間抜けになっちゃうし、どっちにでるか見極めなきゃいけないし・・・。
TV観戦などで「今のプレーオンかな(流すかな)?」と思うと、プロの審判はすでに両手を差し出す姿勢になっていて、判断の速さはさすがだなと感心させられます。
「読み」も働かせてるんでしょうね。
9月から毎週日曜日はリーグ戦やら招待試合、TRMでサッカー漬け。私も毎週2~3試合は審判させてもらって充実してました(8人制、一人審判、15-5-15)。
今日は久しぶりの完全オフ!家でゴロゴロと思ったら、ウチの子が大好きな卒団生がU13県トレセレクションを受けるとの事。中学生のスピードや大きさを見せるいい機会かなと、応援に行く事にしました。結局サッカーの日曜日です。
2012/10/28(日) 08:11:22 | URL | トトビッチ #79D/WHSg [ 編集 ]
 
トトビッチ さん、いつもコメントありがとうございます。
 
審判は、数をこなすことと、定期的に担当することが大切なような気がします。あいだがあくと、「感覚」が戻るのに少し時間がかかります。
 
理想は、コンスタントに毎週「主審1本、副審1本」です。(カテゴリーにもよりますが、あまり多すぎると肉体的な負担が大きくなるので。)
 
今日は、久しぶりに副審を担当したのですが、今日付けの記事にも書いた通り、ミスしています。(ま、自分では気がついていなかったミスなのですけれど・・・。)
 
来週は、主審1本だけになりそうだなぁ・・・。
  
 
2012/10/28(日) 20:45:49 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/982-61daeda4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック